昼夜逆転が治らない

何度も何度も治そうとしても1ヶ月もたたない内に元にもどってしまいます。
何年間も染み付いた昼夜逆転の生活を改善するってのがこれほど難しいのかってことを日々感じてます。


あー、一日にどのくらいの時間を無駄にしてるんだろうなぁ?

普通に朝起きて夜まで働いている人と比べたら一日の充実感は雲泥の違いでしょう。
僕なんて一日のうちにやることは1つか2つ程度。
あとは大半の時間をぼーっとしたり眠ったりして過ごしていますから充実なんてするわきゃないって話ですが。

でも僕の心の中での葛藤はめちゃくちゃある。
20代前半の時はまだそんなに気にならなかったけどアラサーにもなると周りとの差を痛感してしまうわけですよ。


家の中でもどんなに悩んでも何も現状は改善しないんですけどね。

頼るものは現実逃避用のオンラインゲームとお酒だけ。
アルコールの力を借りないともうまともな思考すら出来ないコンディション。
こんなだから昼夜逆転生活なんでしょうねー。

あとまともな生活をしてしまうと、今の自分の駄目さとか現状の終わっている感じとかがモロに出てしまう気もするんです。
夜中だとそれがなんとなく紛れるというか薄れるというか。。。
そんな感じだからたぶん僕の中でも本当に昼夜逆転を改善しよう!って気持ちになれてないんでしょう。

親は何年も同じお布団使ってるから変な時間に寝ちゃうのよ!
みたいな間の抜けたことを言ってくる始末。
自分の言ったことを正当化したいのか通販でやたら分厚い布団のセットを僕用に買ってきちゃいましたから。

まーこれはこれで暖かいから悪くないんですけど、これが僕の生活を改善するなんてわけわからん理論。
親のしつけとか育て方を否定するつもりはないですけど、もうほっといてくれってのは僕の本音。

親の年金でほそぼそと生きて、もうなんにも考えずに時を重ねたい。
友達なんかいらないし、生きがいとかが見つからなくてもイイ。

ゲームやってお菓子食って、たまに映画とかみる生活が一生続けばいいと思ってる。

ページのトップへ戻る