音楽バンドを卒業する時期

それは社会人になるタイミングが多いんじゃないかと思います。
卒業といっても音楽を辞めるわけじゃなくて、メジャーを諦めるって意味ね。
バンドをやっている連中はどこかで成り上がりたいと思っている気持ちは持っていると思う。

だが、それは現実と照らし合わせなければいかねいわけで。
どこかで折り合いをつけなければいけない時期が来るわけですよ。
それが社会人になるタイミング、学校を卒業するタイミングが多いという訳。

自分らの場合でもそのタイミングでバンドを解散した。
もともと大学の軽音サークルだったので、本気でデビューしたい!なんて奴は少数だったけどね。
でも何人かは本気で思っていたと思う。そいつは他のメンバーとバンド組み直して今も活動しているらしい。

そのときにちょっと喧嘩っぽくなってしまって今は連絡がとれてないんだけどね。
95%のメンバーは今はおとなしくサラリーマンやってる。
学生時代はめちゃくちゃパンクな格好していた奴が短髪にしてリクルートスーツ着てきた時は驚いたね。

彼なりに髪きってリクルートスーツ着るのは抵抗あっただろうに。
飲み会の時にいろいろと話したけど彼なりにかなりの葛藤があったみたい。
でも自分に才能がないのを受け入れるってのは大人の決断ですよね。

そうすることで手に入る人生もあるわけだし。最初の気持ちや希望を貫き通せる奴ってのは少数派なのが事実だから。
でも最初から諦めるってのもなんだか違う。

音楽をはじめ、芸能の世界ってのは難しいよ。正直運要素も強いと思うし。
才能がどこまで必要なのかってのも人によるからハッキリわからん。

人生の選択ってのは難しいわなぁ。

ページのトップへ戻る